お使いのブラウザはバージョンが古いため、サイトを快適にご利用いただけないかもしれません。快適にご利用頂くために、今すぐブラウザをアップグレードしてください。
Webフォントが読み込まれていないため、サイトを快適にご利用いただけないかもしれません。快適にご利用頂くために、Webフォントを有効にしてください。
「コンプレックスも、トラウマも、全部あたたかさで乗り越えていきたい」 SNS時代に人の心に触れる漫画を描く彼女の優しいVOICE (漫画家・イラストレーター/25歳)

FEATURE

「コンプレックスも、トラウマも、全部あたたかさで乗り越えていきたい」 SNS時代に人の心に触れる漫画を描く彼女の優しいVOICE(漫画家・イラストレーター/25歳)

「人に会わなくなってから、元気になったんですよ」。人生のままならなさに向き合う彼の、憂いと希望のVOICE(作家・会社員/46歳)

FEATURE

「人に会わなくなってから、元気になったんですよ」。人生のままならなさに向き合う彼の、憂いと希望のVOICE(作家・会社員/46歳)

あれから、どう変わった?
3/9
「人の尊厳を守るために、声を上げるひとりに僕もなりたい」 大野拓朗(俳優・31歳)

あれから、どう変わった?

「人の尊厳を守るために声を上げるひとりに僕もなりたい」大野拓朗(俳優/31歳)

「日本の皆さんは、まだ自分の力を自覚できてないんじゃないかと思います」 香港の民主化運動を世界に発信する大学生周庭が語る覚悟のVOICE(社会運動家・大学生/23歳)

FEATURE

「日本の皆さんは、まだ自分の力を自覚できてないんじゃないかと思います」香港の民主化運動を世界に発信する大学生周庭が語る覚悟のVOICE(社会運動家・大学生/23歳)

「私にいつでも必要なのは、適切な賞賛、適切な批評」。アートで社会に問いを立てる彼女の孤高なVOICE(着ぐるみクリエイター/22歳)

FEATURE

「私にいつでも必要なのは、適切な賞賛、適切な批評。」アートで社会に問いを立てる彼女の孤高なVOICE(着ぐるみクリエイター/22歳)

「女やから男やからとか誰が決めたん?自分自身なんですよ、性別は」大阪・アメ村で異彩を放つ男子高校生の美学(魔主/18歳)

FEATURE

「女やから男やからとか誰が決めたん?自分自身なんですよ、性別は」大阪・アメ村で異彩を放つ男子高校生の美学(魔主/18歳)

「ゆるーく、気張らずに、自分は自分だからさ」大人と子供を自由に行き来する彼女の、浮遊的VOICE(女優・モデル/30歳)

FEATURE

「ゆるーく、気張らずに、自分は自分だからさ」大人と子供を自由に行き来する彼女の、浮遊的VOICE

【TOKYO VOICE企画発行人から】今そこにある恐怖に打ち勝つために、日々を静かに平常心で過ごそう。

FEATURE

【TOKYO VOICE企画発行人から】今そこにある恐怖に打ち勝つために、日々を静かに平常心で過ごそう。

NOISEをVOICEに。

「コンプレックスも、トラウマも、全部あたたかさで乗り越えていきたい」 SNS時代に人の心に触れる漫画を描く彼女の優しいVOICE (漫画家・イラストレーター/25歳)

「コンプレックスも、トラウマも、全部あたたかさで乗り越えていきたい」 SNS時代に人の心に触れる漫画を描く彼女の優しいVOICE(漫画家・イラストレーター/25歳)

「今、僕たちにとって見えないものが一番重要だから。コロナも見えないし、人の気持ちだって見えない」  清水文太(アーティスト・スタイリスト・アートディレクター・22歳)

あれから、どう変わった?

「今、僕たちにとって見えないものが一番重要だから。コロナも見えないし、人の気持ちだって見えない」清水文太(アーティスト・スタイリスト・アートディレクター・22歳)

「例えばタオルを干すときにパンとシワを伸ばす。そうした些細なひとつひとつが今の私のお洒落」 武井法香(セールスパーソン・71歳)

あれから、どう変わった?

「例えばタオルを干すときにパンとシワを伸ばす。そうした些細なひとつひとつが今の私のお洒落」武井法香(セールスパーソン/71歳)

「人に会わなくなってから、元気になったんですよ」。人生のままならなさに向き合う彼の、憂いと希望のVOICE(作家・会社員/46歳)

「人に会わなくなってから、元気になったんですよ」。人生のままならなさに向き合う彼の、憂いと希望のVOICE(作家・会社員/46歳)

「人の尊厳を守るために、声を上げるひとりに僕もなりたい」 大野拓朗(俳優・31歳)

あれから、どう変わった?

「人の尊厳を守るために声を上げるひとりに僕もなりたい」大野拓朗(俳優/31歳)

「コロナのこととかもそうだけど 考えてることって、書いても書かなくても批判しても すごい自由なのに、なんで牽制しあっていなきゃいけないんだろうって 」星野文月(〈今のところ〉作家・27歳)

あれから、どう変わった?

「コロナのこととかもそうだけど 考えてることって書いても書かなくても批判しても すごい自由なのになんで牽制しあっていなきゃいけないんだろうって」星野文月(〈今のところ〉作家・27歳)

「『私は餃子をつくってる、それでいい』って太鼓判を押せた」きくちゆみこ(文筆家・翻訳家/37歳)「お金の価値を他のものと交換していけたらいいなって」成重松樹(美容師・写真家/37歳)

あれから、どう変わった?

「『私は餃子をつくってる、それでいい』って太鼓判を押せたの」「お金の価値を他のものと交換していけたらいいなって」成重松樹(美容師・写真家/37歳)きくちゆみこ(文筆家・翻訳家/37歳)

「今はヘイトすら生まれないくらいハッピーな自分もいる」Akari Dritschler(バンドマン・20歳)

あれから、どう変わった?

「今はヘイトすら生まれないくらいハッピーな自分もいる」Akari Dritschler(バンドマン・20歳)

TOKYO VOICE web 特集「あれから、どう変わった?」編集長からのEDITOR’S VOICE

「あなたはあれから、どう変わった?」Web特集スタート編集長からのEDITOR’S VOICE

「ゆるーく、気張らずに、自分は自分だからさ」大人と子供を自由に行き来する彼女の、浮遊的VOICE(女優・モデル/30歳)

「ゆるーく、気張らずに、自分は自分だからさ」大人と子供を自由に行き来する彼女の、浮遊的VOICE

「女やから男やからとか誰が決めたん?自分自身なんですよ、性別は」大阪・アメ村で異彩を放つ男子高校生の美学(魔主/18歳)

「女やから男やからとか誰が決めたん?自分自身なんですよ、性別は」大阪・アメ村で異彩を放つ男子高校生の美学(魔主/18歳)

「私にいつでも必要なのは、適切な賞賛、適切な批評」。アートで社会に問いを立てる彼女の孤高なVOICE(着ぐるみクリエイター/22歳)

「私にいつでも必要なのは、適切な賞賛、適切な批評。」アートで社会に問いを立てる彼女の孤高なVOICE(着ぐるみクリエイター/22歳)

【TOKYO VOICE企画発行人から】今そこにある恐怖に打ち勝つために、日々を静かに平常心で過ごそう。

【TOKYO VOICE企画発行人から】今そこにある恐怖に打ち勝つために、日々を静かに平常心で過ごそう。

「恋人に注ぐはずの愛を注いでますね、チーズケーキに」恋への憧れを胸に秘めた少女の偏愛的VOICE(モデル/20歳)

「恋人に注ぐはずの愛を注いでますね、チーズケーキに」恋への憧れを胸に秘めた少女の偏愛的VOICE(モデル/20歳)

「日本の皆さんは、まだ自分の力を自覚できてないんじゃないかと思います」 香港の民主化運動を世界に発信する大学生周庭が語る覚悟のVOICE(社会運動家・大学生/23歳)

「日本の皆さんは、まだ自分の力を自覚できてないんじゃないかと思います」香港の民主化運動を世界に発信する大学生周庭が語る覚悟のVOICE(社会運動家・大学生/23歳)

TOKYO VOICE Vol.9配布スタート。編集長からのEDITOR’S VOICE「現代のワイルドサイドは真正面にある」

「現代のワイルドサイドは真正面にある」TOKYO VOICE Vol.9配布スタート編集長からのEDITOR’S VOICE

「コーヒーが好きで始めたわけじゃない コーヒーがある風景が好きだっただけ」 TRAVEL IN THE LIFE with APIO JIMNY#1 ―黒磯のショウゾウさん―

「コーヒーが好きで始めたわけじゃない コーヒーがある風景が好きだっただけ」TRAVEL IN THE LIFE with APIO JIMNY#1 ―黒磯のショウゾウさん―

「TOKYO VOICEを読む若い人たちへ。もう手が付けられないこの国からの離脱のススメ」(日本を離脱して四半世紀の政治学者/52歳)

「TOKYO VOICEを読む若い人たちへ。もう手が付けられないこの国からの離脱のススメ」(日本を離脱して四半世紀の政治学者/52歳)

「うまくいかなくてもまあいっかって思えた」。年間170回以上動物園に通う男の達観したVOICE(なんとか生きてる、ただの人/31歳)

「うまくいかなくてもまあいっかって思えた」。年間170回以上動物園に通う男の達観したVOICE(なんとか生きてる、ただの人/31歳)

「ルーザーに優しくありたいんですよ、僕もそうやから」。人々の”隙”を撮り続ける男の愛と哀愁のVOICE(コピーライター・カメラマン/43歳)

「ルーザーに優しくありたいんですよ、僕もそうやから」。人々の”隙”を撮り続ける男の愛と哀愁のVOICE(コピーライター・カメラマン/43歳)