TOKYO VOICE

TOKYO VOICE

TOP > BACK NUMBER > Vol.6 > The Voice 09

母の愛についてはどう思うの?
暑苦しいの? ウザいの?

おかんはいま初めて
普通の親がやることを
してるのかもしれないね

娘っていうのが一番
意のままにならないものだった
仕事よりも 男の人よりも

〈母 (脚本家) 〉楽しかった。こんなに緊張しない撮影初めて。身内に撮ってもらうのって楽なんだね。

〈娘 (大学生) 〉おかんが緊張してないから私は助かったけど。こっちは自分の緊張で精一杯だったから。

ねえ、何度も言うけどホント写真の道に進めばいいのに。なんか歯がゆいのよね、見てて。スッと手を挙げればチャンスがもらえるのにどうして行かないの? って。私があなたの立場だったら、ものすごいガツガツ前に出て行くと思うんだけどなあ。

客観的に自分を見るって難しいんだよ。誰かが評価してくれても「ホントに?」って思うし、まだまだ趣味の域を出てないって考えちゃう。それを仕事に、なんて全然リアリティがないのが正直な気持ち。

確かにママが20数年頑張ってこられたのは「この道で食べていく」って自分で決めたからっていうのが大きいから分かるけどね。でも興味があるなら迷ってる時間は無駄だよ。いったん結論を出して、とりあえず前に進まないと。動いてる間に考えていかないと人生何もしないうちに終わっちゃうんだから。

ハードなことおっしゃる......。その「やります!」って手を挙げるのが、めっちゃ怖いの。おかんと違ってビビリなの、私は。そこまで言ってやるからにはある程度の実力が無いとダメだと思うし、そうでないと迷惑かけちゃうかもしれないし。

ある程度の実力? そんなの、ハッタリでいいのよ。迷惑なんてかけたっていいんです。

いやいや、まだ伴ってない実力で入って行くくらい自分がそれをやりたいか、まだ分かりかねてるっていう話だよ。大学にはさ、留年を顧みず好きなことにめっちゃ時間を注いでる子とかいて、そういうのを見ちゃうと「私にはこういう熱さないなあ」って・・・(続きは本誌で)

The Voice / Kitagawa Eriko, Ishihara Nonoka
Photographer / Asagi Soramame
Text / Kiuchi Aki
Edit / Yamamoto Yuki