TOKYO VOICE

TOKYO VOICE

TOP > BACK NUMBER > Vol.6 > The Voice 06

酷いですよね 結婚直後にいなくなるんだから

一緒にいるだけ
じゃない愛の形も
あるんだなって

日本人がファッションやるなんてありえないって感じのハーフ全盛期で、当時。雑誌の編集部行って日本人モデルは相手にされない。俺からすると、いやあんたら日本人やん! みたいな。終わってんなーって、ムカついてて正直。それなら海外しかないって、会いたいって言ってくれたモデル事務所を訪ねてパリに行ったら「忙しいから帰ってくれ」。え、明日から俺どーすんのみたいな。いやー絶望感ヤバかった。他のモデル事務所周りまくってどうにか小さいところが決まったんだけど結局ショーは出られず日本に帰ったんです。で、次のシーズンにその事務所からまた来てくれって言われて、迷ったけど行ったらまさかのルイ・ヴィトンのショーが決まったっていう。冗談でしょって感じですよ。2012年かな。そこからランバンとかジョン・ガリアーノとか一気に決まって3〜4年はそんな感じ。でもあの時は逆に辛かった。日本戻ったら自分の評価っていうか祭り上げられ方がものすごくて、人の態度ってこんな変わるんだってくらい。そういうので全然人を信じられなくなっちゃって。人からは活躍して見えたかもしれないけど実際は暗黒時代。これが俺のやりかったことだっけ? って。本当に嫌になっちゃって事務所やめて、じゃあ何するって思った時、最上級の世界見たなら反対も知らないと人間として面白くないな、と。それでカメラ持ってインドとか東南アジアを半年くらい旅することに決めたんです・・・(続きは本誌で)

The Voice / Uematsu Takeshi
Photographer / Abe Yusuke
Text & Edit / Yamawaka Masaya