TOKYO VOICE

TOKYO VOICE

TOP > BACK NUMBER > Vol.6 > The Voice 05

恋は食事と似てますよね

食べ終わるまでは飽きない

デートって食べる以外なんかありますか? 遊園地でも、映画館でも食べます。ポップコーンもホットドッグもジュースも! 多分私、ファミリー分くらい買い込んで入ります。デートでは完全に食べる以外にあんましないかも。ここに食べに行きたいからデートしようとかって感じ。前にフレンチに連れてってくれた人は、「この後すごいおいしいのあるから我慢しよう」とか言われちゃうと、なんで我慢しなきゃいけないんだってなる。その人とはその段階で別れました。だって、我慢させるんですよ。「お腹減った」って言ってるのに。それは私の中で許せないんです。

デートしてもお腹がいっぱいにならないんです。大食いって気づいたのが22か23歳くらいで。それまで自分が大食いって自覚してこなかったんです。彼は「お腹いっぱいだね」とか言うんですけど。私全然お腹いっぱいにならないんです。これなんでだろ? とか思いつつ、彼は本気で言ってるのかな? みたいな感じで、ああ、お金かけたくないから。私に嘘ついてお腹いっぱいな演技してるのかなって思い始めて、彼に対しての魅力がなくなってしまって、家に帰って、また夜ご飯を食べるっていうのが何回もありました。多分、食に関して量が合わないんです。本当にお腹いっぱいって心の底から思ってるのかなって疑っちゃうんですよ。初めていいなと思う男性の前では大盛りとか頼むの控えて。あんまり大食いとは思われたくなくて、男性のイメージ通りに生きようとは思ってました。1回1回のデートで少しずつ量を増やしていくんです。初デートは、ラーメン1杯。次はラーメンと夕飯の間にパンケーキを増やす。その次は、ラーメン、パンケーキ、ハンバーガー、夕飯にしますとか、どんどんどんどん食べる回数を増やしていく。

大食いをバカにされて嫌いになっちゃったことあります。30分以内に4キロくらいのラーメンを食べきったら賞金が出るっていうチャレンジメニューを、大学生の時に挑戦したんですけど、私がそのお店の初めての成功者だったんです。写真撮られて、それがお店に飾られて。大学の近くの店だったので当時の彼が見て、「何やってんの? めっちゃウケる。恥ずかしいんだけど」みたいな感じでメールが来て、嫌いになっちゃって、別れました・・・(続きは本誌で)

The Voice / Masubuchi Sachiyo
Photographer / Kawaharazaki Nobuki
Text / Ishibashi Saaya
Edit / Yamamoto Yuki