TOKYO VOICE

TOKYO VOICE

TOP > BACK NUMBER > Vol.3 > The Voice 09

脱ぐと意外といろんな
形があって 銭湯で
他の人の体を見ると
ちょっと安心する

やっぱり広いお風呂ってのが一番。銭湯は家じゃ味わえない開放感がある。普段締め付けられてるものが解放される感じ。私、自分の体形がすごいコンプレックスなんです。ダイエット頑張ってるんですけど、骨太なのかな? 人生でほっそりしたことないんです。だから体形を隠す服を選びがちで、服を着ていると自分を締め付けている感覚になって窮屈になるんです。でも銭湯はいろんな体形の人がいるから、そういうの気にしないでいられて、すごい開放感があります。私、銭湯に行くとお客さんの体見ちゃうんです。この人の背中いいな、とか。お尻いいな、とか。この人はこういう仕事してるのかな、とか。服を着ているとスタイルいい人ってたくさんいるんですけど、脱ぐと意外といろんな形があって、銭湯で他の人の体を見ると、ちょっと安心する。今の自分を肯定するわけではないんだけど、「自分本当に駄目だ・・・(続きは本誌で)

The Voice / Mano Mika
Photographer / Kitaura Atsuko
Text & Edit / Yokozuka Mayo