TOKYO VOICE

TOKYO VOICE

TOP > BACK NUMBER > Vol.2 > The Voice 06

「会いたくなる人」より
「声が聞きたくなる人」の方が
エモい気がして

ええ。身長高いですね。175cm。ヒール履くと180cm超えます。男子に「デカい」とか言われてましたよ。小学校に入る前から周りの子より頭ひとつ分以上大きかったので。でも物心つく前から「背なんてどうしようもできないことで悩むのは無駄だから、考えるのやめよう」って思ってたのを覚えてます。どれだけ面倒くさがりなんだ、って話ですよね。精神年齢は周りのみんなと同じ小学生なのに、ひとりだけ見た目が中学生。そういう環境で育って生きてきました。今でも「別な角度から考えるとどうなるだろう」とか、考えが凝り固まらないようにするクセがあるんですよ。思い込みで世の中を見るのがすごく嫌なんです。それって、少なくとも背に関しては人と違った、というところで自分自身がずっとマイノリティだったからなのかもしれないですね。

「LUMINEのコピーが好き」って言ってくれる女の子がいるのはうれしいです。実体験からコピーを書くことはなくて、ほぼ観察です。雑誌とかテレビとか電車の中であるとか、誰もが普通に接触するであろうところで、ひとりの受け手として情報を追ってるだけで。 2014年の『運命を狂わすほどの恋を、女は忘れられる。』というコピーは、会社の後輩から聞いた・・・(続きは本誌で)

The Voice / Ogata Mariko
Photographer / Kobayashi Kisei
Text / Kiuchi Aki
Edit / Yamamoto Yuki