TOKYO VOICE

TOKYO VOICE

TOP > BACK NUMBER

  • Vol.4

    WHO AM I, YOU ASK?

    わたくしといふ現象は 仮定された有機交流電燈の ひとつの青い照明です
    宮沢賢治の『春と修羅』の序文を読んだ時に、《わたくしといふ現象》が妙に心に残った。それはまだ12歳の時で、自分が何者なのか探し始める暗い道の入り口にいたんだと思う。その暗い道は相変わらず明けることなく続いているけれど、 だんだんと夜道の歩き方はわかるようになってきた。 暗い夜もじっと見つめていると、様々な陰影と色彩に満ちていることがわかるのだ。 自分自身を語る時に彼女たちが語る言葉は、 そんな《わたくしといふ現象》を観測する物理学者のようだ。 私は誰? と聞かれたら、あなたはどんな言葉を紡ぐだろうか?

    The Voice : 『女優/25歳・神奈川県』『高校生・バンドマン/17歳~18歳・長野県』『モテクリエイター/23歳・福岡県』『ダンサー/25歳・埼玉県』『画家/70代・静岡県』『アイドル/年齢非公開 アイドル/年齢非公開』『女優/35歳・千葉県』『モデル・女優/28歳・静岡県』

    発行日:MAY. 2018

  • Vol.3

    I LOVE IT!

    愛? LOVE? .....大好き!
    自分が好きなものが分かってるって、実は自分のことが分かっていることでもある、と思う。 何かを「大好きだ!」と語ることは、実は何かを失ってしまうことかもしれない、とも思う。 愛とかLOVEってやつはちょっと厄介だけど、自己完結した「大好き!」は、いっそすがすがしい。 小声でもいいから何かが「大好き」と言葉に出してみよう。閉ざされた扉を開けるのはそんな希望の言葉なのだから。

    The Voice : 『小唄師匠・芸者/94歳・東京都 弟子・鰻屋女将/56歳・東京都』『モデル・タレント/25歳・神奈川県』『母・タレント/46歳・大阪府』『学生・スタイリスト・バイヤー/20歳・東京都』『女優/25歳・埼玉県』『芸人/24歳・兵庫県』『ブーツリペア職人/37歳・三重県』『会社員/29歳・埼玉県』『女優/20歳・東京都』『モデル・俳優/20歳・埼玉県 モデル・俳優/21歳・埼玉県』

    発行日:JAN. 2018

  • Vol.2

    “WORDS”TO THE WORLD'S END

    産声が聞こえる。この世界に産み落とされたとき、人はなぜ泣くのだろう。 世界にはたくさんの憎しみが溢れていて、国と国、人と人を隔てるために醜い言葉が使われている。今いるこの場所が世界の果てだとしたら、僕らはどんな言葉を持つことができるんだろう。 それは絶望を希望に変える言葉。美しい言葉。そして愛を伝える言葉であってほしいと思う。

    The Voice : 『俳優/20歳・カリフォルニア州ロサンゼルス』『夫、写真家・美容師/34歳・大分県 妻、文筆家・翻訳家/34歳・神奈川県』『モデル・ショップ店員/19歳・広島県』『小説家/66歳・広島県』『女優/16歳・埼玉県』『コピーライター/39歳・東京都』『バーテンダー/69歳・台東区』『カップル/34歳と34歳・千葉県とケープタウン』『コスプレイヤー/20歳・神奈川県』『レーサー/40歳・東京都』『レーサーの母/東京都』

    発行日:NOV. 2017

  • Vol.1(創刊号)

    Happ-iness

    幸せになりたいって普段何気なく口にするけど、幸せってどんなもの? 幸せって、目指すもの? あるいはある種の満足した状態のこと? 答えはあなたの中にある。今この瞬間の幸せもあれば、人生で獲得したい幸せもある。そして100人いたら、100通りの幸せがあるはず。TOKYO VOICE創刊号は、そんな「幸せ=ハピネス」についていろんな人のいろんな声を集めてみました。この1冊があなたのハピネスを考えるきっかけになるといいな。

    The Voice : 『女優/18歳・東京都』『モデルカップル/24歳と22歳・千葉県と兵庫県』『義足モデル・経営者/群馬県』『シンガーソングライター/31歳・東京都』『居酒屋おかみ/80歳・東京都』『AV監督/69歳・福島県』『俳優/25歳・東京都』『タレント・女優/41歳・東京都』『フリーランス/25歳・東京都』

    創刊:2017年7月30日